文字サイズの変更⇒ 標準 大 特大

なぎさ苑とは

 『介護老人保健施設 リハ・ヴィラ なぎさ苑』は、社会福祉法人北星会のグループ施設です。

社会福祉法人 北星会 「経営理念」

  1. 保険、福祉、医療等の連携を図り、住民福祉の増進と地域社会の発展に寄与する。
  2. 老人福祉施設倫理綱領に基づく「利用者本位の施設経営」に徹する。
  3. 個人の尊厳と基本的人権に基づく「人間味」のある介護サービスを追及する。
  4. 利用者満足度を基本としたサービス提供と自立支援に努める。
  5. 経営施設の独立採算制の確保を基礎に、職員の生活保障を目指しつつ、経営の安定を図る。
  6. 「人の和」を重点に据え、創造性豊かな人材の育成・確保に努める。
  7. 職員は、自己研鑽に励み「経営理念」を自覚し、指示されたことだけを遂行するだけでなく、常に改善や創意工夫に努め、自ら意欲をもって課題に取組むとともに、協調性をもって職務に専念する義務を履行する。

介護老人保健施設とは?

 介護老人保健施設は、利用者の尊厳を守り、安全に配慮しながら、生活機能の維持・向上をめざし総合的に援助します。
 また、家族や地域の人びと・機関と協力し、安心して自立した在宅生活が続けられるよう支援します。

介護老人保健施設の5つの役割

1.包括的ケアサービス施設
 利用者の意思を尊重し、望ましい在宅または施設生活が過ごせるようチームで支援します。そのため、利用者に応じた目標と支援計画を立て、必要な医療、看護や介護、リハビリテーションを提供します。
2.リハビリテーション施設
 体力や基本動作の獲得、活動や参加の促進、家庭環境の調整など生活機能向上を目的に、集中的な維持期リハビリテーションを行ないます。
3.在宅復帰施設
 脳卒中、廃用症候群、認知症等による個々の状態像に応じて、多職種からなるチームケアを行ない、早期の在宅復帰に努めます。
4.在宅生活支援施設
 自立した在宅生活が機能できるよう、介護予防に努め、入所や通所リハビリテーションなどのサービスを提供するとともに、他サービス機関と連携して総合的に支援し、家族の介護負担の軽減に努めます。
5.地域に根ざした施設
 家族や地域住民と交流し情報提供を行い、さまざまなケアの相談に対応します。市町村自治体や各種事業者、保健・医療・福祉機関などと連携し、地域と一体となったケアを積極的に担います。また、評価・情報公開を積極的に行い、サービスの向上に努めます。

なぎさ苑 3つのケア方針

1.その方らしい生活を支援します
利用者が今まで生活してこられた歴史を理解し、得意だったことや趣味など、利用者に関わるすべての人が協働し、その方の生きがいを見出せるよう支援します。
2.その方の持っている能力を引き出します
リハビリの資格を持つ職員が利用者の心身状態に合わせ、機能の維持向上を目的としたリハビリや、福祉自助具の選定を行います。また、その方の有する能力に着目し、活かすケアを提供します。
3.笑顔を大切にします
なぎさ苑はひとつの家族です。利用者の笑顔がなぎさ苑職員の力になります。なぎさ苑職員の笑顔が、利用者とその家族の力になるような関係を築きます。

施設概要

平成26年4月1日現在
名称 社会福祉法人北星会 介護老人保健施設リハ・ヴィラ なぎさ苑
所在地 京都府宮津市須津2268-1
TEL 0772-46-1200
FAX 0772-46-9066
利用定員 100名 (うち認知症専門棟50名)
短期入所療養介護・介護予防短期入所療養介護含む
通所定員 24名 (1日) 介護予防通所リハビリテーション含む
建物 鉄筋コンクリート造り3階建
職員構成 医師・薬剤師・看護職員・介護職員・理学療法士・作業療法士・言語聴覚士・管理栄養士・調理員・介護支援専門員・支援相談員・事務員
併設 在宅介護支援センター